2006年11月30日

ウルトラマンをつくった男

今週は特撮ネタを2回も書くことになりました。「ウルトラマン」シリーズの演出をされた映画監督の実相寺昭雄さんが29日深夜、69歳で亡くなりました。
 とても印象的なエピソードを残されています。怪獣墓場のシーボーズ、子供の落書きが怪獣になったガバドン、そして雨で死ぬ宇宙飛行士ジャミラの悲話、地底怪獣テレスドンのエピソードでは慌てたハヤタがカレーのスプーンで変身しようとして失敗するお遊びがありました。
 最近ではパチンコのCMでもつかわれていますね。ウルトラセブンがメトロン星人と古アパートで語る迷場面は氏の作品です。

 15年ぐらいまえだったか「ウルトラマンをつくった男たち」(主演:三上博)なんてドラマ原作も手がけていました。あのドラマは秀作で、時のテレビ賞を総なめしたような記憶があります。

 ただ私的には、30分番組では名作をつくられる監督ながら、長編映画ではすこしバタ臭く、作品が難解すぎた印象があります。「帝都物語」「ウルトラQ星の伝説」など。

 氏は昨年にもウルトラマンマックスで撮影に参加しており、また遺作は「シルバー仮面(假面)」と最後まで特撮ヒーロー監督でした。思い出に残る作品をありがとうございました。光の国でゆっくりお休みください。

追補:あの「胸につけてるマークは流星〜」の主題歌を作曲されていた宮内国郎さんも今月なくなられたんですね。寂しいかぎりです。  

Posted by ppy_meat at 23:06Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月29日

年代マーケティング

「2007年問題」といわれる問題があります。団塊世代が定年をむかえることで社会的にいろんな変動が生じるといわれているのです。なるほど段階世代は、日本においてもっとも人口の多い方々でした。ふりかえればバブル景気の時期は彼らが働き盛りの40代でしたね。

 最近感じるのがもうひとつの潮流。僕ら第2次ベビーブーマーがターゲットになってるなぁというマーケティングです。まぁ趣味が多様化してるからやっかいらしいですが。たとえばキムタクがパソコンやデジカメのCMしてたり、仮面ライダー響鬼が32歳だったりしています。また転職ブームとか起業ブームというのもそれにあたっているのかもしてませんね。

段階と第2次ベビーブーマーが明らかにターゲットになってる広告って結構多いので、探りながら眺めてみると面白いですよ。  
Posted by ppy_meat at 00:21Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月28日

働く男

ユニコーンの「働く男」は1990年のヒット曲でした。うーん働くようになって、今時々口ずさむ歌です。「仕事できる男 それが彼女の好み 」で始まるのに愚痴っぽくて、しかも彼女には「忙しいのは自分だけと思わないで、邪魔しないで!」とあしらわれて眠るという印象深い歌詞でした。

16年たっていま、パフィーがカバーしていますね。なるほど女性が歌っても面白い時代になりました。これ仕掛けた人は秀逸だなぁ。マーケティングって面白いですね。  
Posted by ppy_meat at 23:38Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月27日

視点

物事をとらえる視点て大事ですね。ありのままを見る視点。主観をもってみる視点、客観的な視点。自分は今までどちらかというと、事物を俯瞰するような視点をもちたいと意識してきました。それが間違っていたとか不必要だとは思わないけれど、それに囚われると、ありのまま受け止める態度に欠けてしまう。自分のなかで、これまでとは逆に考えてみることを訓練してみようと思ったりしています。
いずれ、何事も囚われたり、方法論に過度に依存してしまう状態はよくないですね。フリーでありたいものです。  
Posted by ppy_meat at 23:59Comments(2)TrackBack(0)

2006年11月26日

仮面ライダー

 日曜の朝放送してる「仮面ライダーカブト」、そのドラマが盛り上がってまいりました。前日に時間と記憶に関する割と真面目な話をしたあとで恐縮ですが、カブトも時間をテーマにしたお話なのでご容赦ください。
 登場するライダー達はみな人の時間を超えて超スピードで動ける設定になっていて、さらに主人公はパワーアップして時間を戻せる能力を身につけています。対して11月に登場した敵は時間を止める能力で襲いかかってくるのです。設定だけ説明すれば、いったいどうやって勝負が成立するんだ?と期待の高まる内容ですが、どうせ東映のこと、最後は普通に肉弾戦で決着をつけるんですが、それもまた魅力です。

 どうして11月末から特撮ヒーローものが盛り上がるかというと、それは12月にクリスマス商戦があるからです。そして最終回と新番組の放送開始は1月となっていて、メーカーはクリスマスプレゼント代とお年玉をしっかり徴収するのです。
 そのため12月中は毎週毎週が百花繚乱、派手な展開で面白いのですが、世のお母さんは大変だろうなぁと少し心配になったりします。  
Posted by ppy_meat at 15:18Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月25日

年の暮れ

あと5日で師走ですね。一年のたつのって早いですね。桜の開花や夏の暑さがついこないだだったような気がするし、仕事面でもまだ11月の前半でいたつもりがもう月末。年をとるとともに月日のたつのが早くなりますね。
以前、年と共に月日のたつのが早く感じる理由を何かの媒体で読みました。引用元は忘れましたが「なるほど」と思ったことがあります。

たとえば5歳から時間の概念と記憶があるとして、5歳自にとって一年には一年分の経験しかないが、36歳には30年分の記憶、65歳には50年分の記憶が貯まってることになる。そのため、同じ11月でも5歳児の脳にとってはいっぱいいっぱいの一ヶ月だが、36歳の脳にとっては30分の1の一ヶ月、65歳脳には60分の一ヶ月として認識されるため、月日の重みがその経過した年の分薄らいでしまうのだとか。

 まあ根拠のない屁理屈でですが、よくも悪くも面白い考え方でした。そんなに人間が無意識の記憶に拘束されるならば、逆に考えれば過去は、一日一日を大事に生きるための動機にもなる。皆さんにとって、この12月は何回目の年の瀬になりますか?どう過ごすご予定でしょうか?  
Posted by ppy_meat at 15:02Comments(2)TrackBack(0)

2006年11月24日

ただいま試作中

ただいま冬期のメニュー替えで御料理を試作中です。ああでもないこうでもないとつける私の注文に、スタッフのみなはいつも工夫して応えてくれます。今回もおもしろそうなメニューを準備しているようです。

お客様へのご提供は12月のはじめになるでしょうか。どうぞよろしくお願いします。  
Posted by ppy_meat at 14:37Comments(1)TrackBack(0)

2006年11月23日

林風舎

5fe3bc76.JPGよい買い物をしました(笑)本社駐車場の二つ隣りに、宮沢賢治さんの甥の宮沢和樹さんが経営されている「林風舎(りんぷうしゃ)」があります。そちらでカルタ「宮沢賢治歌留多」と花巻市内の観光ガイド「賢治のイーハトーブ花巻−ゆかりの地ガイドブック−」を買ったのです。また、お店では和樹さんともお話しすることができました。これから知っているようで知らない賢治さんをちょっと勉強したいと思います  
Posted by ppy_meat at 16:47Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月22日

絶壁の野犬が全国ニュース?

今朝は本当におかしかったですね。テレビの報道番組の全チャンネルで断崖絶壁に取り残された野犬の救出について真剣に報道していました。ほかに不幸な事件に巻き込まれた女性の話や自民党復党問題、六カ国協議の問題もそれなりに扱っていましたが、それらの記事と犬の報道がほとんど同価値にかたられていました。みのもんたなんて、中継までして消防署員の救出段取りを批判していました。
 僕は犬を飼っているので、犬には情をよせていますが、それにしてもこれはあんまりです。激しくどうでもいい話でした。  
Posted by ppy_meat at 15:23Comments(2)TrackBack(0)

2006年11月21日

白金豚の飼育状況

ひさしぶりに当社の白金豚の飼育状況をお知らせします。じつは昨年の天候不順がたたって今年の夏と秋は肥育に苦戦していました。でもそれが11月になって、ほぼ順調に回復したよです。食欲の秋、そして年末年始の楽しいお食事に、ぜひレストランポパイをよろしくお願いします。

いつも火曜は私自身も豚肉の主取りと検品をしていたのですが、今週は体があかず、まだ未見です。ただいつも同行している若手がそのように報告してくれたので一安心しています。  
Posted by ppy_meat at 15:40Comments(0)TrackBack(0)