2007年12月31日

大晦日、2007年を振り返り2008年に思う

 皆様、本年は本当にお世話になりました。
私たちの白金豚の高源精麦グループもそれぞれ仕事納めです。本社が29日、源喜屋が30日、そしてポパイと白金豚の養豚場が今日の大晦日です。

 一年を振り返ると今年は特に色々ありました。そして「少しづつだけど、自分の願いや思いをかなえられる環境や力が備わってきてるかな」というが思いあります。もちろんまだ確信ではないし、傲慢になってはいけません。しかも目標や夢というものは、達成に近づけば近づくほど、また遠くに見える。まるで蜃気楼です。
 そこにたどり着くための確かな目、歩む力、仲間、地図とコンパス・・必要なものは前進しながら獲得していく。ここに生きながら、冒険に出てる。

 来年が良い年になりますよう。
  

Posted by ppy_meat at 13:03Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月24日

さあ、クリスマスイブ

23日は多くのお客様に御来店いただきました。やっぱり連休なので、多くの方が外食なされた様です。さぁ24日、Christmas Eveになりました。今日も多くのお客様がいらっしゃるんでしょうね。ポパイや源喜屋にかぎらず、今夜の特別なディナーに白金豚をご指定してくださる方々が全国にいらっしゃることでしょう。皆様に幸せあれ。

Merry Christmas !  
Posted by ppy_meat at 01:20Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月23日

天長節・・祝日万歳!

天皇誕生日ですね。陛下、お誕生日おめでとうございます。

そして明日はクリスマスイブ!
ポパイでは昨日からBGMをクリスマスソングに変更しました。
キリスト様、お誕生日おめでとうございます。

ポパイ夜はキャンドルを灯してお客様をお待ちしております。
今日の、明日のお祝いに白金豚料理をぜひ召し上がってくださいな!

きっと今日は忙しいぞう!
  
Posted by ppy_meat at 09:00Comments(0)TrackBack(0)

バットマン・リターンズ

 これもクリスマス映画。ハリウッドでは雪景色を映画化しようとすると、いきおいクリスマスに結びつけてしまうものなのかもしれませんね。
 クリスマスの近づいた雪のある日、街に強盗団が現れて悪事を働きます。黒幕の怪人ペンギンは正体を隠しながら、自身の不遇な生い立ちを訴えて市長選に立候補、街をのっとうろうとします。同じころある悪徳経営者が街の電力を牛耳って市を我が物にしようと悪巧みしています。秘密に近づいたOLはあっさり殺されてしまうのですが、彼女は怨念から命を取り止め、キャットウーマンとして街に混乱を引き起こすようになるのです。あっちこっちで勃発する問題に、公私を越えて一人立ち向かうバットマンの物語です。
 バットマンシリーズのなかでも特にファンの多いのが本作。結構複雑な話なのに、大変バランスよくストーリーが収まっていて、登場人物が魅力的に描かれています。  
Posted by ppy_meat at 01:05Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月22日

ちょっと怖いけど、楽しいクリスマス映画・グレムリン

僕が冬の映画のなかでも、クリスマス映画として思い出す一本が、このグレムリンです。日本公開は1984年のこと。「南極物語」の翌年、当時私は小学校5年生でした。
 クリスマスに近いある日、主人公の少年はモグワイという名のペットをプレゼントされます。父親が中国人の骨董屋から買ったというその不思議な生き物は、とてもチャーミングで優しい性格。少年の大のお気に入りになります。ただモグワイには絶対に守らなければならない3つのルールがありました。水にぬらさないこと、明るい光に当てないこと、夜12時以降は絶対に食べ物を与えてはいけないこと、というものです。そのルールを破ったが為に、モグワイからグレムリンという怪物が産まれ増殖ししていきます。静かなはずのクリスマスの街がパニックに陥りますが、主人公とモグワイはグレムリンに立ち向かい街に平和を取り戻します。
 子供のいる御家族でこの週末に観る作品としてはオススメの一本ですよ。
  
Posted by ppy_meat at 01:00Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月21日

南極物語 タロ・ジロは生きていた

来年にむけて調べ物をしていてビックリ。この映画「南極物語」はポパイ開店と同じく1983年の作品なんですね。雪の日に、当時市内にあった中劇という映画館へ母と弟と観に行ったのを覚えています(何故か妹はいなかった)。映画の内容そのものより、家族で映画を見に行ったその時間が思い出深いですね。
 お話は、日本の南極観測の越冬隊が、悪天候の為に撤退する過程で、犬15頭を無人の昭和基地に置き去りにしてしまうというもの。犬係の苦悩と、残された犬たちのサバイバルのドラマです(殆ど覚えていないけど)。ラスト、1年後の南極で兄弟犬タロとジロだけが生きていて、日本隊に再会する場面がクライマックスでした。
 幼い僕は犬が主役となって、色々な困難を突破していく動物映画だと思っていたのに、高倉健が主役で、ドキュメンタリー風の人間ドラマだったために少しガッカリしたのを覚えています。子供って残酷ですからタロとジロがでてくればそれでいいと考えているのに、劇中では結構ほかの犬にも焦点があてられていたので、複雑さにとまどいました。
 そうかポパイと一緒で来年25年目か〜いつか時間がとれたら見直してみたいなぁ。  
Posted by ppy_meat at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月20日

雪の似合う映画

 おかげさまで白金豚の業務も年末進行で忙しくしています。源喜屋まえの道路も開通してあちらも快調です。
 最近の花巻は雪がチラホラ降ってきます。まだそれほど積もりませんが、風情があるものです。そこで今回は自分にとって、雪の印象的な映画を5回に渡って挙げていきます。けして名作だとうったえるわけではありません。ただ同じ時代に育った第2次ベビーブーマー世代にはご理解いただけるんじゃないかな?というチョイスです。順位はありません。それぞれに思い出深い作品です

1 南極物語 タロ・ジロは生きていた
2 グレムリン
3 バットマン・リターンズ
4 ダイハード2
5 007/リビング・デイライツ  
Posted by ppy_meat at 00:43Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月11日

忘年会

夕べ、ポパイチームで忘年会をやりました。仕事おわるのが22時なので少し遅いですが、源喜屋を会場に閉店時間迄・・。御客様、御料理、スタッフ、今年もいろいろありました。私自身が多忙だったこともあり、ほとんどスタッフらに任せた1年でした。
 秋に入って9月から売上げが前年越えしてます。一昨年のリニューアルも9月だったので自分達の記録を更新してることになりますね。売上げの向上が嬉しいのは、それがお店を訪れた御客様の人数の増加であり、より多くのご注文をいただいたことになるからです。今年もありがたい1年でした。  
Posted by ppy_meat at 10:41Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月04日

まとめて

オーバーワーク気味ですね。なかなかポパイブログを書けず、自分でも少し悔しいんです。高源ブログで、近況を一気に掲載していますので、どうぞそちらも御覧くださいませ。

白金豚(生産・販売)の高源精麦ブログ<総合版>プラチナポーク情報
http://blogs.yahoo.co.jp/seikoudamasii


うわ・・手抜きだ  
Posted by ppy_meat at 19:34Comments(0)TrackBack(0)