2008年03月08日

非遺伝子組み換え作物が手に入らなくなる日も

つづき
食料生産大国現地ルポ」アメリカの項

 日本は食品や畜産に使うトウモロコシの96%以上をアメリカから輸入していました。しかし、そのアメリカでいまトウモロコシが不足しています。原油枯渇の対策として、トウモロコシからつくるバイオエタノール工場の建設が相次いでいるのです。7年前までは食べ物だったトウモロコシは、なんと来年にはその半分がエタノールにむけられます。「2007年エネルギー法」なるもの迄できており、2022年までその拡大が義務づけられています。
 トウモロコシの価格が高くなれば、困るのは日本人だけではありません。当のエタノール工場も同じです。しかし多くのエタノール工場はトウモロコシ農家の出資で経営されているので、彼らは資金に困らないのだそうです。
 ところで日本では、非遺伝子組み換え作物による食品や飼料が重宝されています。白金豚のエサも非遺伝子組み換え原料を使用しています。仕入れが高くつくのですが、国内メーカーは安心安全のために仕入れてきたのです。しかし今、それが揺らいでいます。相場全体が高騰しているので、アメリカの農家は管理コストのかかる非遺伝子組換作物の生産をやめてきているのです。望んでも、お金を用意しても、手に入らない時代がそこまで来ているのだそうです。

 うーん。トウモロコシの高騰でエタノール工場の廃業がチラホラあるとは聞いていました。バブル景気だったなら弾ければ、また安くなるかなと思っていたんですが、2020年迄は確実に上昇していくようですね。特に困るのが非遺伝子組み換え作物の減少です。白金豚の定義のひとつが崩れてしまいそうです・・約款をみなおし考えておかないといけないですね。  

Posted by ppy_meat at 12:40Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月07日

楽観=悲観? 食品価格の無常

昨日のつづきです。
 特に気になった記事のひとつが「激論!食料価格はどこまで上がるか」。
丸紅経済研究所所長の柴田明夫さんと九州大学大学院教授の伊東正一さんの項でした。
前者は悲観論として、少なくとも2015年まで値上がり続ける予測ができ、「パラダイムシフトに入った」これから大きく食品のあり方や価格が変わるという内容でした。対して後者は楽観論として、世界にはまだ食料生産を拡大できる幅があり、市場調整が働くから平和な状況下では食料危機は起きない、というものでした。
(パラダイムシフトとは、価値基盤や考え方が大きく変わることを指します)
 「激論!」とはいうものの、二人の話は殆ど同じことを示しています。大きく3つの共通点があり(1)短期的には、激しい値動きは避けられない(2)その短期変化を受けて中長期の市場が動き出す(3)世界平和と市場経済が大前提、となっています。
 これには少しガッカリというか、ますます不安が強くなってしまいました。少なくとも2008年中は、食品が値上がりし続けることになりそうです。しかも、ずいぶんと国際情勢が不安定になるようですね。経営者としての危機管理、一市民としての生活防衛を考えていかないといけませんね。

 まずは、今日の恵みに感謝。食事は料理を残さずいただきましょう。  
Posted by ppy_meat at 16:12Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月06日

食料が大変!

e72bc57b.jpg頼んでいた「週刊東洋経済」のバックナンバーが届きました。2月23日発売の増大号、「食の戦争」特集です。
週刊誌の性格上、書き方が少し過激ですが、よく調べられていて、勉強になりました。しばらく内容について感じたり考えたことを書いていきたいと思います。
  
Posted by ppy_meat at 11:17Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月05日

これからの外食・・

3月の5日・6日に開催された食材取引円滑化集中セミナー(岩手県南広域振興局経営企画部産業振興課職産業グループ)に参加してきました。会場はプラザイン水沢さん。
内容は以下のとおり
2008年3月5日
・「外食・中食の戦略食材としての野菜」外食産業総合調査研究センター 堀田宗徳さん
・「生産者、実需者の取引における状況と課題」
2008年3月6日
・契約取引事例紹介
 今松野菜生産組合 今松貢さん
 プラザイン水沢 佐藤功和さん
 アースコーポレーション(一関) 菊池利正さん
・「契約取引推進の要点」(独)食品産業技術総合研究機構 佐藤和憲さん

初日の講義はユニークでしたね。いま外食の主力商品において、肉への偏重が見直され、野菜に興味が移ってきているというのです。ポパイのメニューも、一部そうなってきていますね。時代の流行にあわせているつもりはありませんでした。ただ今後のお店を考えて、お客様のことを思い浮かべたとき、いつの間にかそうなってきたような気がします。
二日目の取引事例紹介〜全体討議も、いろいろと刺激的で、話題にあふれていました。岩手県内だけでも様々な動きがあるんですね。自分が、もっともっと実力をつけていかないといけないなぁと奮起させられました。(記 3月7日)  
Posted by ppy_meat at 18:30Comments(0)TrackBack(0)