2009年04月30日

挨拶をきちんと

ポパイは飲食店なので、挨拶がきちんとできないといけません。おかげさまで、当店のサービスを気に入ってくれているお客様もいらっしゃいますが、私はまだまだポパイの挨拶は改善していかないといけないと思っています。

私はポパイの挨拶を2点反省しています。

ひとつは「元気な挨拶」、もうひとつは「調理場スタッフの挨拶」です。

 「元気な挨拶」にも色々あるでしょう。ただ大声をだせばいいというものではありません。特にポパイは女の子が多いので、怒鳴り声のような挨拶はお店に似合いません。人にはそれぞれ、個性があり持ち味があります。その人の個性でいいので、ただ相手に伝わる声量で、相手の方の胸に「いらっしゃいませ」といえれば、それでOKだと思います。でも、これが簡単なようでなかなか難しい。それぞれのスタッフは自分では声を出してるつもりなのです。でも「自分ではそういうつもり」じゃ足りなくて、大切なことは「相手がどう受け止めてくれているか」です。
 それから忙しいときの対応もまだ未熟です。自分たちの切り口で「今は一生懸命やっているから!」と挨拶を粗雑にしていいはずがありません。私達からすれば、数あるお客様のなかのお一人かもしれなくても、お客様はその日その時にいらしてくれたオンリーワンの存在なのです。お客様お一人お一人に、満足していただけるサービスを提供できることを目指さないといけません。

 「調理場スタッフの挨拶」。調理場は配膳口こそあれ、基本的にお客様から見えないところであり、スタッフにとってもお客様が見えないところです。そしてとても忙しいところです。ともすると調理場スタッフは、お客間の来店を察しても料理に集中して挨拶を省くことがあります。当事者にすれば意味があるのかどうかわからず省略してしまうのですが、これはいけないことです。もしお客様の立場にたったとき、来店してサービススタッフはもちろん、奥の調理場からも一斉に「いらっしゃいませ」という声が響いてきたらどれほど嬉しいことでしょう。お客様は自分がこのお店に迎えられているという実感をそこでできると思うのです。
 それに挨拶は調理場のチームワークにも影響を与えます。今のポパイスタッフは仕事になれているので、ともすると声がけすることもなく、それぞれに黙々と作業できてしまいます。でも忙しい最中のそういう状況は、思い込みや勘違いによる失敗を招き、察しあうのに気疲れしてしまいます。職場を不安なものにしてしまいます。じゃあ職場の声かけを徹底しようと、働きかけてもいちいちは決められません。そこで日頃からお客様への挨拶を徹底すると、仲間内の声のかけあいにスタッフの意識が慣れて、仕事上の声かけもスムーズにできるようになるのです。
 ただし調理場は騒々しいので、本当に来店に気づかず挨拶できない場合がございました。今回はそれを解消するためにセンサーを玄関に取付て、調理場にはチャイムをつけました。これで料理に没頭していても玄関の様子がわかります。

 でも一番の課題は、これを書いてる自分の挨拶だったりします。人に要求するのは簡単ですが、じゃあ自分はそういう挨拶ができているかというと・・・身をもって範を示す、いい挑戦になります。  

Posted by ppy_meat at 09:15Comments(1)TrackBack(0)

2009年04月28日

はじめての内視鏡

 先日、はじめて胃カメラというものに挑戦しました。花巻市内の内科さんで受けました。健康診断で少し問題があって、再検査ということでした。
 実は2度目のトライです。一度目は花粉症のせいで鼻の穴が小さくなっていたらしく、少しの刺激で痛むどころか、くしゃみがとまらなくなり中断しました。最近は花粉症もおさまったので、トライしたのです。
 結論からいうと、こんなところにペラペラと書いてるほどですから、大事には至りませんでした。もちろん何事もなかったわけでもなく、これからは少し胃腸を大事に、生活習慣を改善しなきゃいけないという反省が残りました。

 まず薬を鼻と口から数種類入れて、ただの管を通されて数分おかれます。涙とよだれがとまらず「間抜けな顔してるんだろうなぁ」とは考えました。が、ひとつひとつ物事を考えすぎて体が硬くなっていたという前回の反省から、今回はとにかく力を抜くように心がけました。
 そして管を抜いたらいよいよ胃カメラを通しされました。前回はここで挫折してるので、恐怖の瞬間でした。しかしアレルギーをおこすこともなく、この日は鼻とのどを通過したようです。私はもう怖くて、しばらくは目をつむっていましたが、はじめてに胃まで至ったと聞いたときに、おそるおそる目をあけることができました。

 感想は「あらら、案外きれいなピンク色してんだなぁ」という感じです。もっとどぎつい赤や、黄色や白の混じった世界を想像していたので、それに比べたら綺麗なものでした(自分でいうのも変ですが)。なぜかカメラから冷たい水がジョバジョバと流されています。胃が冷たいものを感じ、まただんだんと張ってきます。変な感じに戸惑いながら、軽い胃炎や食道の荒れを指摘されて、スルッと抜かれて終わりました。

 慣れてないうえ、麻酔が効いていたので、ツバの飲み込みがうまくいかずむせてしまいましたが基本的には無事終了。前回とは全く違ってとてもラクに診察が終わりました。その日は一日、鼻の穴が片側だけ大きく伸びた感じと、鼻水が続きましたが大きな問題も起きませんでした。

 よく出産の痛みをして、鼻の穴からスイカを取り出すほどの痛みだと表現されます。私は前回、カメラが入らずに失敗してるので、余計にとんでもないことだと思えました。まぁ実際に、鼻からスイカを取り出した人などいないと思いますが、それほどの痛みを人生のなかで想定されている女性って凄いな・・・と。余計なことを考えて一日が終わりました。  
Posted by ppy_meat at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月27日

アステカ王国=メキシコ、そして疫病「歴史は繰り返す」?

世間では豚インフルエンザの報道が過熱しています。私は冷静だし、スタッフはじめ周囲の方々にもそう話しています。お陰様で週末のポパイは忙しくて、豚のマイナスイメージは今のところなさそうです。

まず日本の養豚は疾病対策をしっかりやっているので安全です。
くわえて日本の食肉業界は衛生対策をしっかりやっているので安全です。
おまけに豚肉は焼いて食べるものなので、100%安全です。

これ、問題の本質はヒトからヒトへ感染が始まっていることです。
つまり豚インフルエンザというよりも、メキシコインフルエンザなんです。
メキシコでは死亡者が101人に上ったとか。

でもアメリカでは、今のところ死亡者ゼロなんですよね。

この差は何でしょう?私は医療レベルの格差が原因だと思っていましたが、
ある人から話をきいて目から鱗が落ちました。
今回のウイルスはソ連型によくにているそうで、欧米人はそれに抵抗力を
もっていても、メキシコ人には抗体がなかったらしいのです。
アメリカとメキシコの被害の差は、肉体の性質の差も一因ではないかと
いうのです。

そういえば世界史で習いました。かつてメキシコにあったアステカ王国は
スペインのコルテス軍に滅亡に追いやられるわけですが、宗教的なすれ違いや
戦闘力の差もありましたが、実は滅亡の原因は疾病の蔓延だったといいます。
スペイン人が持ち込んだ病気にアステカ人は抵抗力がなかったのです。
歴史は繰り返すとはいいますが、恐ろしいものですね。  
Posted by ppy_meat at 14:31Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月25日

ゴールデンウィークはいつから?

一部マスコミでゴールデンウィークが始まり、一部には16連休の会社もあるという話がありました。すごいな4月25日〜5月10日までか、すごいなそんなことあるんだ・・この不景気、仕事がなくて自宅待機や操業停止の問題もあるのでことは単純ではないんでしょうね。

ちなみにポパイは4/28火曜と5/7木曜だけお休みいただきます。祝日は全て営業しておりますので、是非ご来店くださいね。

源喜屋は4月中〜ゴールデンウィーク期間までは休まず営業いたします(5/12,5/19にお休みをいただきます。)

白金豚の本社は基本的に、お休みはカレンダーの赤日の通りにお休みいただきます。

 もちろん養豚場に定休日はありません。日頃は、長期休暇をうらやましくも思うことがありますが、こんな時代になるとお仕事があることを有り難く思う必要があります。  
Posted by ppy_meat at 15:28Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月18日

花粉症も後半戦、あとは消化試合?

酷い花粉症の私、先日まではゴーグルとマスクをして生活してました。顔を覚えて欲しいような大事な商談でも、コンタクトレンズは一時間ぐらいがやっと。目がイガイガしてしょうがありませんでした。
でもこの杉花粉症って、個人的には桜が咲くと沈静化するんですよね。周囲の人を見ていてもそのようです。少し調べてもなかなかそういう公式情報はないので、戯れと思っていただいても結構です。とにかく私は5年ぐらいの経験でそれを実感しています。もちろん今年もそうです。花巻で桜が咲いたその日から、マスクが無くても生活できています。

「あぁ・・今年も桜が咲いてくれてよかった・・・」私は感傷ではなく、全身でそう思うのです。

注)スギヒノキの花粉はまだ漂っています。天気予報でもそう伝えられています。ただタイトル通り、ピークを過ぎて沈静化に向かっている。多くの人にとって、症状の発現する域を下回って安全地帯になっているという感覚をもって書き込みました。  
Posted by ppy_meat at 10:36Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月14日

花巻も桜咲きました!

当地も桜が咲きました(岩手県花巻市内)!
ポパイ周辺だと、文化会館のぎんどろ公園と花巻中学校の桜が素敵です。
石神公園もいいんだよなぁ。


明日から出張なので、いいところの写真撮れないかも
明後日の日中なら撮れるか・・大丈夫間に合うかな?


さぁ!花巻にも春がはじまりました!

今朝、白金豚の主取りにいってきましたが、春独特のバラツキが少し見られました。体重はよく育っていただけに、浮かれないで経過を観察しないといけないのかもしれません。  
Posted by ppy_meat at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月13日

養豚場にて打ち合わせ

 今日の午後は白金豚の養豚場で大事な会議でした。講師の先生を招いて一時間のお話をうかがいました。一同の士気があがりました。自分は今まで、現場のスタッフ達の間に、入り込んでいなかったな。表面的なコミュニケーションでやり過ごしてきたな、と反省しました。
 現場はともすると、毎日の作業に追われてそもそも大事しなきゃいけないものが見えにくくなっていたり、すぐ手掛けなきゃいけない仕事のいくつかが受け流されてしまっていたりすることがあります。それは当事者だからこその現実です。本来であれば私のような者が、それに気づき質問したり、確認してもらうようなことができなきゃいけません。でもそれをしないできていました。とても大きなきっかけをいただきました。  
Posted by ppy_meat at 22:33Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月07日

猛省

昨日の夕方、ポパイでは猛反省会を実施しました。3月のこと、お客様からのクレームのメールが入っていたのです。なぜかセールスレターと勘違いされて、サーバに残っていたのを本日、見つけたのでした。

 とても丁寧で優しい文章でしたが、要約すると
・料理が遅かった
・サービスの対応が不愉快だった
・料理の出来がよくなかった
とのメッセージでした。本当に残念なことです。
丁寧な文章から、お客様の失望感がしっかり伝わってきて申し訳ないことでした。

 該当の日の情報を振り返ると、確かに普段のポパイではあり得ないほどの忙しさだったようです。お客様をずいぶんとお待たせしたのは本当のことのようです。ただそれは言い訳になりません。どうにか段取りを代えられなかったか、途中で諸々対処できなかったか、よく話あいました。
 サービスの対応の悪さについて、自分たちが状況に振り回されて、お客様の目線で者を考えていなかったこと、自分たちの都合で判断するふるまいがお客様に不愉快なことを、事例をあげて反省しました。スタッフの一人がお客様のことを覚えていたようです。当時の対応を聞くに着け、当方の未熟さを実感します。
 料理の出来については、当日調理を担当した者が、余裕なく慌てていたようでした。お肉の焼きすぎについては定期的に見直しを促してきたのですが、皆注意されたときは直っても、時間がたってまた忙しくなるとうっかり雑になってしまう。プロとして、気持ちの余裕は意識的につくること、そしてそれを見失いそうなほど、忙しくなっても、お料理を食べるお客様を想像して一品一品を大事にする考え方をすりあわせました。
 スタッフからも互いの声かけの必要や、危機に対応できるように遠慮せずものを言い合う関係づくりの必要、そしてお客様目線のサービスを目指す意見が出されて、会議を終えました。

 この定休日、また一人一人になってあらためて反省するでしょう。お客様にはお詫びのメールをしましたが、時間がたっていたためお返事がありません。旅行で立ち寄られたようなので、次に巡り会えることはないのかもしれません。でもどうかまたのご来店を願っています。それまでに精進しておきます。どうも本当にすいませんでした。  
Posted by ppy_meat at 00:23Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月02日

ご苦労さまでした、花巻東高野球部

 今回の高校野球は凄かったですね。私は野球に明るくないので、前評判を聞いても詳しい状況をわからないでいたのですが、まさかここまで勝ち上がるとは。本当に凄かった。いつからか、私もテレビやラジオで応援するようになっていました。
 みんな、選手達、監督そして応援団の姿に、勇気をいただきました。きっと花巻の街も少し元気になれると思います。ありがとう!  
Posted by ppy_meat at 17:26Comments(0)TrackBack(0)