">» 白金豚のアンテナショップ・レストランポパイ会報ブログ版|花巻市 #hanamaki #iwate HOME

2008年03月09日

濠は2年連続で干ばつ。その収穫は半分以下

つづき
食料生産大国現地ルポ」オーストラリア・ブラジル・中国の項

オーストラリア
 白金豚のエサに限らず、現在全ての穀物製品が高騰しています。特に小麦高を決定づけたのがオーストラリアの干ばつでした。すでに小麦輸出は、アメリカ・カナダ・ロシア・アルゼンチンなど限られた国に握られています。ただでさえ品薄でひっ迫しているところで、ひとつの大陸から出荷が2年連続止まってしまったのです。05年に2500万トンだった小麦の収穫量は、06年には半分990万トンと大きく下落。今期は回復してもまだ半分の1200万トン程度になそうです。
 しかも驚いたことに、「プライムハード」と呼ばれる小麦が完全に枯渇したそうで、これは日本ではこだわりラーメン店が使用していました。身近な食材が世界から消えているんですね。今年はラーメンはハズレの年になるのかもしれません。
 ほかにも牧草生産の失敗が、酪農家の経営を圧迫し乳製品も高騰しています。チーズなどは2倍になっているとか。確かに最近、乳製品の確保が難しくなりました。ケーキ屋さんが悲鳴をあげています。源喜屋ではホタテのバター焼が好評です。ポパイでは今、手作りパンを生産しています。頭の痛いことです。
 最近、オーストラリアと日本との間で捕鯨を巡って衝突が起きていますね。残念なことですが、なぜ今オーストラリア国民が攻撃的な態度をとるようになったのか、それは大変なフラストレーションがたまっているからなのかもしれません。日本政府や商社は、いまオーストラリアに対して、何らかの寛大さを示すときなのかもしれません。

ほか
ブラジルについて
・サトウキビによるエタノール生産で活況!その一方でアマゾン破壊進行を心配する記事でした。

中国
・人口をカバーするために食糧の確保が政治的に優先されるも、輸入増大が止まらないとの報告でした。

この記事へのトラックバックURL